« とうとう日経WinPCも最終号-PCの技術に興味を持たれない時代 | トップページ | 朝食で新聞を読む生活と読まない生活 »

2013年10月12日 (土)

特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」に行ってきました

 東京国立博物館で開催されている特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」に行ってきた。大阪出身で、かつ大阪に単身赴任中の私にとって、京都は、子供の頃の遠足の場所だし、単身赴任中の休日の出かけ先であったりする。今さら、京都という取り上げ方に何か新鮮味があるのか?と若干の疑問がありながらも見に行った。
 特別展は大きく2つに分かれていて、第1部が国内のいろいろな所に所蔵されている洛中洛外図を一堂に集めた展示である。本物が展示されている展示場へ行く前に、洛中洛外図を大写しにしている大画面の映像を流していた。普通に画を見たのではかなり近寄らないと見えないところまでくっきりわかって、正直言って、後で本物を見るよりもよかった。画というのは基本的に2次元の美術品なので、ハイビジョンや4Kといった技術が進歩し、大画面化することによって、本物よりも素晴らしいということになるのかもしれない。
 第2部は、実際の京都の龍安寺、御所、二条城の再現である。特に、二条城は、ふすまを全て持ち込み、二条城の間をまるまる再現するという大胆な構成である。どれも、実際に京都に行っても見ることのできないもので、これも一見の価値がある。
 特別展はまだ続くので、もう一回行ってもいいかな、と思わせる内容であった。

« とうとう日経WinPCも最終号-PCの技術に興味を持たれない時代 | トップページ | 朝食で新聞を読む生活と読まない生活 »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58366672

この記事へのトラックバック一覧です: 特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」に行ってきました:

« とうとう日経WinPCも最終号-PCの技術に興味を持たれない時代 | トップページ | 朝食で新聞を読む生活と読まない生活 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ