« 優秀なソフトウエア技術者を採用する方法:Haskellを社内の標準言語にする | トップページ | パナソニックのプラズマ撤退-イノベーションのジレンマの典型例だ »

2013年10月 8日 (火)

「設計する」と「設計を行う」

 今回は、言葉のニュアンスの話である。
 ~をする、という言い方と、~を行う、という言い方の2通りがあって、どちらも使える言葉がある。前者は動詞として使い、後者は名詞として使う。漢字で書かれる言葉には、このどちらでも使える言葉が結構ある。
 たとえば、設計だ。たとえば評価だ。開発もそうだ。
 意味としては同じなのだろうが、私は前者の方の使い方が好きである。後者は何となく作業をしているイメージがある。ある作業内容に名前がついていて、それを黙々とやっているという感じがするのである。それにひきかえ、前者は積極的に関わっている感じがする。

« 優秀なソフトウエア技術者を採用する方法:Haskellを社内の標準言語にする | トップページ | パナソニックのプラズマ撤退-イノベーションのジレンマの典型例だ »

技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58346634

この記事へのトラックバック一覧です: 「設計する」と「設計を行う」:

« 優秀なソフトウエア技術者を採用する方法:Haskellを社内の標準言語にする | トップページ | パナソニックのプラズマ撤退-イノベーションのジレンマの典型例だ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ