« 紅葉見ごろ予測式:これも回帰分析なのかな? | トップページ | 情報処理誌に鉄道の運行システムの解説:そういえば鉄道というのはコンピュータ利用の先端だ »

2013年11月14日 (木)

トランジスタ技術12月号の特集は「作る! 24bitデジタル・オーディオ」:要所要所をついた解説記事がすばらしい

 トランジスタ技術 2013年 12月号の特集は、「作る! 24bitデジタル・オーディオ」。なんという心躍る特集であろうか。イントロの記事に漫画があって、その漫画の終わりのコマに、年配の技術者が「なんだか、工作魂に火が付いちまったみたいだぜ」という言葉をつぶやく。思わず、この言葉に共感した。高性能のオーディオというのは技術者の心を動かすテーマだ。
 今月号の中心は、要は「24bitデジタル・オーディオという最先端のオーディオ機器を作る」という記事である。そのために、技術者が疑問に思うところを要所要所で的確に解説されている。
 たとえば、24bitと言ったって、D-Aコンバータの性能がだめだったら意味ないよな、とかいう疑問については、Appendix 2 高分
解能D-Aコンバータの性能を引き出すクロック同期技術で解説されている。ハイレゾ・オーディオにスイッチング電源なんてナンセンスだ、という疑問に対しては、固定出力&可変出力の4チャネル実験用低雑音電源という、スイッチング電源ではない、しっかりした電源の設計も解説されている。なんだか、要所要所をついた解説記事が快い。
 また、特集に関連した[2013年版]オーディオ規格スッキリ便利帳も力作である。これだけの情報をまとめた努力は素晴らしい。この便利帳は先月号の内容も素晴らしかった(先月号の内容については過去の記事を参照ください)。

« 紅葉見ごろ予測式:これも回帰分析なのかな? | トップページ | 情報処理誌に鉄道の運行システムの解説:そういえば鉄道というのはコンピュータ利用の先端だ »

技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58575699

この記事へのトラックバック一覧です: トランジスタ技術12月号の特集は「作る! 24bitデジタル・オーディオ」:要所要所をついた解説記事がすばらしい:

« 紅葉見ごろ予測式:これも回帰分析なのかな? | トップページ | 情報処理誌に鉄道の運行システムの解説:そういえば鉄道というのはコンピュータ利用の先端だ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ