« ちょっとがっかりなFPGAマガジン:買ってまで読む気になれない | トップページ | 自動車へのハッキングの動画は衝撃的:何でもネットに接続することがいいことなのだろうか? »

2013年11月22日 (金)

何もかもがサイバー攻撃の対象になる時代

 少し前にもセキュリティのことについて書いたが、書くたびに嫌になる話題である。メーカーの技術者にとって、新しい機能の開発が本来の業務のはずであるが、ネットにつながる機器については、必ずセキュリティ対策を考慮する必要がある。この負担が、現場では大きいのだ。だが、これを避けては通れない。
 少し古い記事であるが、Samsungのスマートテレビに遠隔操作を許す脆弱性の情報 - ITmedia ニュースはスマートテレビに侵入できてしまうのである。少し引用する。


 リモートからマルウェアを仕込んでテレビのroot権限を取得し、内蔵のWebカメラやマイクを使ってユーザーを監視することもできると話しているという。


 恐ろしい話だ。PCにもWebカメラがついているが、PCはいつも電源を入れているわけではないので、電源OFFの時に侵入はできないだろう。でも、TVはどうだろう?Webカメラ付きのTVは絶対に買わないでおこう、と思ってしまう記事だ。いろいろなカメラに侵入できて、たとえ家の中でも遠隔監視されてしまうというのは、まるでTVドラマPERSON of INTERESTの世界だが、これが現実になる日もそう遠くないのかもしれない。
 冷蔵庫や食洗機もサイバー攻撃の標的になる---米マカフィー バイスチェアマン トッド・ゲブハート氏:ITproという記事も、サイバー攻撃の恐ろしさを改めて認識させられる。少し引用する。

 今後は、テレビに限らず、冷蔵庫や食洗機など、あらゆる家電がネットにつながるだろう。「冷蔵庫や食洗機がネットにつながっても仕方がないだろう」といった声もあるだろうが、ネットにつながることで、リモートから稼働状況を調整できるようになり、使用電力の節約や利便性の向上などを図ることができる。

 そうなると、それらを狙った新たな脅威が出現することは容易に予想できる。新しい脅威を防ぐためには、新たな対策技術が必要となる。
 その後でこうも述べている。

 新しい脅威を防ぐためには、新たな対策技術が必要となる。マカフィーでは、ネット家電を守るための技術を開発中だ。

 本当にそういう技術を早く開発して実用化して欲しいものである。

« ちょっとがっかりなFPGAマガジン:買ってまで読む気になれない | トップページ | 自動車へのハッキングの動画は衝撃的:何でもネットに接続することがいいことなのだろうか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58527738

この記事へのトラックバック一覧です: 何もかもがサイバー攻撃の対象になる時代:

« ちょっとがっかりなFPGAマガジン:買ってまで読む気になれない | トップページ | 自動車へのハッキングの動画は衝撃的:何でもネットに接続することがいいことなのだろうか? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ