« ネイティブ相手の英語とネイティブ以外が相手の英語 | トップページ | WindowsLiveWriterをココログで使う:行間が空きすぎる »

2013年11月 3日 (日)

WindowsLiveWriterを使っています:投稿時のストレスが少し解消される

 前にも書いたが、このブログとは別に知的生産の技術に関するブログを立ち上げた。このブログはココログで、もう一つのブログはJUGEMである。2種類のブログを書くのに、どちらもWindowsLiveWriterというソフトを使っている。WindowsLiveWriterの良い点や設定については、ブログエディターソフト『Windows Live Writer』を使う:複数ブログを同じユーザーインターフェースで作成できる | 知的生産の技術に関する試行錯誤に書いた。
 ココログでWindowsLiveWriterを使う最大の利点は、投稿時のエラーでせっかく書いた記事が消失するというストレスから逃れられることである。何度かこの記事消失を経験すると、少しは賢くなって、記事を投稿する前に、全記事を一旦クリップボードへ保存するということを実行してから投稿するということにしていた。しかし、たまに忘れることもあり、そんな時に限って記事が消失してしまったりする。それに、クリップボードに入れていても、記事が復活するだけで、題名とカテゴリは再度入力する必要があるので、ストレスであることには変わりない
 もう一つのストレスは、記事作成中に、間違ってEnterキーを押してしまって、記事作成中に投稿されてしまうことがある、という事象である。投稿されてしまった記事であっても、修正できるのでいいのだが、作成途中の記事が公開されてしまうということは少しはずかしい。
 WindowsLiveWriterを使うと、この2つのストレスから解放される。メリットだけでなくデメリットもあるのだが、この2つのストレスから解放されるということだけでも、WindowsLiveWriterを使う意味があると思っている。

« ネイティブ相手の英語とネイティブ以外が相手の英語 | トップページ | WindowsLiveWriterをココログで使う:行間が空きすぎる »

スキル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58504731

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsLiveWriterを使っています:投稿時のストレスが少し解消される:

« ネイティブ相手の英語とネイティブ以外が相手の英語 | トップページ | WindowsLiveWriterをココログで使う:行間が空きすぎる »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ