« 省電力世界トップの油浸スパコン「TSUBAME-KFC」:面白いアプローチだ | トップページ | 通信事業者のインフラ:都心の地下にある“インターネットへの入り口” »

2013年12月 9日 (月)

PCゲーム「Fallout」シリーズ最新作騒動

 少しマイナーなPCゲームの話である。FalloutというPCゲームのシリーズがある。この最初の第一作はまだOSがDOSの時代に作られたものである。そして第2作は私の記憶ではWindows 95の時代だった。そしてそのどちらも日本語化されていない。なので日本では、マイナーなPCゲームだと言える。今のようにネットからダウンロードできる時代ではなくて、海外ソフトのパッケージを輸入している店に行って購入しなければならない時代だったからである。3作目はPCゲームとして日本語化されずPS3とXboxとで日本語化された。私は3作目はプレイしていない。1作目と2作目も途中でギブアップしたという軟弱なゲームプレイヤーだ。とは言ってもこのゲームについてはそれなりに時間をかけてプレイした。
 この4作目の情報がインターネットのサイトに登場したという話がゲームサイトで騒がれていた。このゲームは、核戦争の後の荒廃した世界を描くというロールプレイングゲームである。核戦争の後に生き残った生存者からの通信が、あるサイトから流れてきているという設定で、第4作目の情報が流れているのだという。結局これは制作側からの情報ではなくていたずらであったという顛末が「Fallout」シリーズ最新作のものと思われていたサイト,「TheSurvivor2299.com」は結局フェイク。壮大ないたずらの最後は「これでおしまい」 - 4Gamer.netという記事で紹介されていた。
 このシリーズを知っている人間とっては、なかなか手の込んだイタズラである。こういういたずらしかけて、しかも、その謎を解明していろいろと騒いでいくという、そういうコアなファンのいるゲームということになるのであろう。

« 省電力世界トップの油浸スパコン「TSUBAME-KFC」:面白いアプローチだ | トップページ | 通信事業者のインフラ:都心の地下にある“インターネットへの入り口” »

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58727775

この記事へのトラックバック一覧です: PCゲーム「Fallout」シリーズ最新作騒動:

« 省電力世界トップの油浸スパコン「TSUBAME-KFC」:面白いアプローチだ | トップページ | 通信事業者のインフラ:都心の地下にある“インターネットへの入り口” »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ