« 国立科学博物館「大恐竜展」に行ってきました | トップページ | 人間の脳の構造を再現する半導体チップ:IBMが開発しているらしい »

2013年12月 1日 (日)

国立科学博物館企画展「砂漠を生き抜く」へ行ってきました

 

 前回、国立科学博物館の特別展「大恐竜展」に行ってきた感想を書いた。その時、同時に、企画展「砂漠を生き抜く―人間・動物・植物の知恵―」というのを開催していたので、帰りに寄った。「大恐竜展」の発掘場がゴビ砂漠で、砂漠での発掘作業は大変だろうと思って見ていたので、同時開催の企画展で砂漠の展示をやっていたので興味を持てる、といううまい構成になっている。
 企画展は特別展と異なり、短時間で見ることができる。ただ、企画展は砂漠を生き抜くということで、砂漠に生きる人たちの知恵と工夫というものが主たる展示で、ゴビ砂漠のような全く人が住まない場所とは違うので、ゴビ砂漠に対する興味の延長で見に行くと少しあてはずれである。ゴビ砂漠に行くのは、一種の冒険である。砂漠に生きるというのは生活だ。同じ砂漠といっても、冒険の場としての砂漠と、生活の場としての砂漠があることがわかった。

« 国立科学博物館「大恐竜展」に行ってきました | トップページ | 人間の脳の構造を再現する半導体チップ:IBMが開発しているらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58675647

この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館企画展「砂漠を生き抜く」へ行ってきました:

« 国立科学博物館「大恐竜展」に行ってきました | トップページ | 人間の脳の構造を再現する半導体チップ:IBMが開発しているらしい »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ