« [ワインの質]= 12.145 + 0.00117 x[冬の降雨量]+ 0.0614 x[育成期平均気温]- 0.00386 x[収穫期降雨量] | トップページ | 量子コンピュータとパラメトロン »

2013年12月19日 (木)

「個人所得の分布」と「綿花の価格変動」の関係

 前回に引き続き書評の記事に関する感想書いてみたい。新刊・近刊 - フラクタリスト:ITproという記事である。フラクタルというのはフラクタル曲線ということで、コンピューター関連の技術者にとっても有名な名前である。この理論の本質は、Z=Z2+Cという単純な漸化式が宇宙の構造から株価まで無数の現象を近似するということである。思わず本当なのかと思ってしまうような話である。
 本の中で紹介されているエピソードが面白い少し引用する。

「個人所得の分布」について講演するよう招かれたハーバード大学で、ある経済学者の研究室に、自分が使うつもりだった分布図が既に描かれているのに気付いて驚くくだりは印象的だ。その図は所得ではなく綿花の価格変動を表していた。それでは、その背後に必ず何か共通のメカニズムがあるに違いない―。

 これこそが発見というものの瞬間なのであろう。こういう瞬間に一生のうちに一度でもいいから出逢ってみたいものである。ここで紹介されているフラクタリスト――マンデルブロ自伝―― という本も面白そうだ。また読んでみたい本が追加されてしまった。

« [ワインの質]= 12.145 + 0.00117 x[冬の降雨量]+ 0.0614 x[育成期平均気温]- 0.00386 x[収穫期降雨量] | トップページ | 量子コンピュータとパラメトロン »

技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58779120

この記事へのトラックバック一覧です: 「個人所得の分布」と「綿花の価格変動」の関係:

« [ワインの質]= 12.145 + 0.00117 x[冬の降雨量]+ 0.0614 x[育成期平均気温]- 0.00386 x[収穫期降雨量] | トップページ | 量子コンピュータとパラメトロン »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ