« やる必要のない仕事は上手にやったところで意味がない:それはそうだ | トップページ | ソフトを最新の状態にするのは難しい »

2014年1月18日 (土)

ホームページ改ざんに関する公表の遅れは許されない

 最近セキュリティに関する記事ばかり書いている気がする。最近は情報流出は当たり前になってしまった。サイトの改ざんも当たり前になってしまった。だが、そうした中で、少なくとも情報流出やサイトの改ざんが発覚した時点ですぐに公表するようになってきている、と思っていたら、角川サイト改ざん、1週間公表せず : サイバー護身術 : セキュリティー : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)ということで、1週間も放置するというとんでもないニュースがあった。
 今や、どんなに頑張っても、一旦狙われたらそれを防ぐことは不可能である。何らかのセキュリティ事故があったときに、それを隠蔽することは許されない。1次被害だけでなく、2次被害を防ぐために、いち早く公表するのが企業としての当たり前の行動になるべきだろう。

« やる必要のない仕事は上手にやったところで意味がない:それはそうだ | トップページ | ソフトを最新の状態にするのは難しい »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58965534

この記事へのトラックバック一覧です: ホームページ改ざんに関する公表の遅れは許されない:

« やる必要のない仕事は上手にやったところで意味がない:それはそうだ | トップページ | ソフトを最新の状態にするのは難しい »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ