« アジレントから独立する電子計測事業、新社名はKeysight Technologies | トップページ | オムロン社の活動量計をウエルネスリンクに機器登録するのに時間がかかってしまった:機器はいいのにネット接続のサポートが下手というのはいかにも日本の製品だ »

2014年1月10日 (金)

今の学生は情報系といえどもネットワークを知らないらしい

 記者の眼 - 「パソコンとか使わない、ネットワークは意識しない」最近の学生に説明するには?:ITpro という記事は私には少しショックであった。
 最近入学してきた大学生とっては、日常的に触れるコンピューターは、基本的にスマホである、というのだ。その事情はたとえ情報系の学科であっても変わらない。スマホを触ればそのままネットワークを経由していろいろなアプリケーションが動くという環境に慣れた者にとって、ネットワークなどの技術に関して意識する必要はないのである。
 スマホの裏側にネットワークという技術があることを知らずに育った世代が、今情報系の学科に入学してきているというのである。まあ、それは記事。それでもいいかもしれない学んでいるうちにネットワーク技術がどんなものかが分かってくるだろうからだ。
 しかしショックだったのはその後である。少し引用する。

 ネットワークなどのITインフラ技術にまつわる職業が、学生から見て隠ぺいされてしまいがちなことだ。入学当初の学生から見た“IT”とは、主にアプリケーション、サービス、もっと言えばユーザーインタフェースになる。そのため、情報系の学部の中でも、アプリケーション開発やサービス、UIのデザイン関係の学科が人気だという。そうなると、就職にあたってネットワークをはじめとするITインフラ関連の職業は、そもそも興味をもたれないケースが多くなる。

 これはネットワーク系の組み込み技術を開発してきた私にとって、かなりショックである。情報系の学生というのは、基本的にはネットワークであったりOSであったりというような部分の技術をやるものだとばかり思っていた。そしてそれが情報系にとっての基幹技術であると信じていたのである。というか今でも信じている。
 でも今の学生には、アプリケーション開発やサービス、UIのデザイン関係とかが主流の技術なのである。情報系の学科に入学してくる学生は、スマホなどを通してそうした技術をやりたいと思って入学てくるのだろうだから、ネットワークとかOSなどのような地味な技術に興味が持てないのも当たり前である。
 果たしてこのような状況で、今後もネットワークやOSなどの技術開発を推進していく技術者がいるのであろうか?少し心配である。大学は、学生を、きっちりとネットワークやOSなどの技術の方向へ関心を誘導したほしいものだ。と、時代遅れのネットワーク系の組み込み技術者は思うのであった。

« アジレントから独立する電子計測事業、新社名はKeysight Technologies | トップページ | オムロン社の活動量計をウエルネスリンクに機器登録するのに時間がかかってしまった:機器はいいのにネット接続のサポートが下手というのはいかにも日本の製品だ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58914287

この記事へのトラックバック一覧です: 今の学生は情報系といえどもネットワークを知らないらしい:

« アジレントから独立する電子計測事業、新社名はKeysight Technologies | トップページ | オムロン社の活動量計をウエルネスリンクに機器登録するのに時間がかかってしまった:機器はいいのにネット接続のサポートが下手というのはいかにも日本の製品だ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ