« 哲学といえどもその時代を超える事は難しいのだということを実感させられた本:ヘーゲルとその時代 | トップページ | 防災用品として必須の保安灯 »

2014年2月 6日 (木)

まぶしすぎるLED照明:白い照明が明るすぎるのではないか

 最近の流行りで、事務所の照明がLED照明になってしまった。なってしまった、というのはどういう意味かというと、LED照明がまぶしすぎるのである。今までの蛍光灯に比べて発光色が白い。この白色が眩しさの原因ではないかと思っている。
 LED照明に替えると、たぶん電気代が節約できるのであろう。しかし照明がまぶしすぎて、逆に仕事の邪魔になってしまう。特に朝出勤してきて、事務所の電気をつけたときに、このまぶしい照明が目に入ると、その段階で疲れてしまう。
 家庭の照明もLED照明に替えた。家庭のLED照明には、調光機能と調色機能がついているので、個人の好みや行動に合わせて調整できる。事務所のLED照明にはそんな機能はない。ON/OFFしかできない。事務所の照明といえども、家庭の照明のように、調光、調色機能を持つべきだと思う。

« 哲学といえどもその時代を超える事は難しいのだということを実感させられた本:ヘーゲルとその時代 | トップページ | 防災用品として必須の保安灯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59083348

この記事へのトラックバック一覧です: まぶしすぎるLED照明:白い照明が明るすぎるのではないか:

« 哲学といえどもその時代を超える事は難しいのだということを実感させられた本:ヘーゲルとその時代 | トップページ | 防災用品として必須の保安灯 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ