« IoT実現に伴う新たな脅威の懸念ー組込機器におけるソフトウェアのバージョンアップの仕組みの重要さ | トップページ | 新しいセキュリティ対策技術:日経コンピュータの記事より »

2014年2月20日 (木)

IoT時代というのが拙速に到来してほしくない

 日経コンピュータ2/6号に「到来、IoT時代―個人生活編 健康や防犯の次世代基盤に」という記事が掲載されていた。個人生活にかかわるすべてのシーンでIoT(Internet of Things)時代がやってくる、というのである。
 インターネットに接続されることによって、サービスレベルが向上するのは確
かである。しかし、前回も書いたように、一方で、インターネットに接続されるということは、イコール、セキュリティリスクにさらされる可能性があるということでもある。現に、同じ号に、「テレビや冷蔵庫がスパムの踏み台に IoTを狙ったサイバー攻撃が本格化」という記事もあったくらいである。
 特に、IoTの主流と考えられている医療/健康/防犯という分野は、個人の安心・安全という生活基盤に関わる部分である。いち早くサービスをはじめて先行者利益を得ようというビジネス先行の発想だけでは困る。セキュリティ対策をしっかりとやって欲しい。また消費者も、サービス選択の基準にセキュリティ対策を入れるべきであると思う。拙速だけは避けて欲しいものだ。

« IoT実現に伴う新たな脅威の懸念ー組込機器におけるソフトウェアのバージョンアップの仕組みの重要さ | トップページ | 新しいセキュリティ対策技術:日経コンピュータの記事より »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59169055

この記事へのトラックバック一覧です: IoT時代というのが拙速に到来してほしくない:

« IoT実現に伴う新たな脅威の懸念ー組込機器におけるソフトウェアのバージョンアップの仕組みの重要さ | トップページ | 新しいセキュリティ対策技術:日経コンピュータの記事より »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ