« 海外ドラマARROWの主人公の母親役はボーグ・クイーン役の人だったんだ | トップページ | Interface5月号の記事はビジュアル計測:センサがらみの多彩な記事が興味深い »

2014年3月30日 (日)

ホビット-竜に奪われた王国を観てきました:映画館で見る3Dは素晴らしい

 映画『ホビット 竜に奪われた王国』を観てきた。先月末の公開だったが、1ヶ月たった現在では上映終了している映画館もあり、私が行った映画館も1回だけの上映であった。3Dで上映されている映画は、出来る限り3Dで見るようにしている。自宅のテレビでは3Dで見ようと思わないが、映画館で見る3Dは素晴らしい。
 おそらく映像だけではなく、音響効果もそれにふさわしいものだからであろう。映画館に行くと、映画というのは映像だけではなく音響も重要であるということがよくわかる。

« 海外ドラマARROWの主人公の母親役はボーグ・クイーン役の人だったんだ | トップページ | Interface5月号の記事はビジュアル計測:センサがらみの多彩な記事が興味深い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 海外ドラマARROWの主人公の母親役はボーグ・クイーン役の人だったんだ | トップページ | Interface5月号の記事はビジュアル計測:センサがらみの多彩な記事が興味深い »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ