« ホビット-竜に奪われた王国を観てきました:映画館で見る3Dは素晴らしい | トップページ | IoTは組み込み技術だけでなくサーバー側も大きな影響があるのか:COMPUTER WORLDの記事より »

2014年3月31日 (月)

Interface5月号の記事はビジュアル計測:センサがらみの多彩な記事が興味深い

 Interface 2014年 05月号の特集は、「センサ・カメラで透視もOK! 特撮風 ビジュアル計測」。ちょっと趣味の悪い題名だが、内容はユニークである。
 赤外線センサや超音波センサなどを組み合わせて、ビジュアル計測を実施するという特集記事である。赤外線灯光器と赤外線カメラを組み合わせて作る暗所でも検知可能な人感センサ、Leap Motionなど4つのジェスチャセンサの紹介、奥行きカメラの自作、金属探知機を用いてコンクリ壁の中の鉄筋を透視できる装置、プロジェクションマッピングなど、多彩な記事が掲載されている。特に興味深かったのは、赤外線カメラの画像と可視光カメラの画像とを高精度で位置合わせを行い画像合成をする「プロはここまでやる! 撮影画像同士のピタリ合成」という記事で、組み込み技術者の私にとって驚きの技術であった。
 最近のInterface誌は、基本的な解説は特集記事ではなく特設コーナーへ移動したようで、特設コーナーの記事では、超音波に関して詳しく解説されている。

« ホビット-竜に奪われた王国を観てきました:映画館で見る3Dは素晴らしい | トップページ | IoTは組み込み技術だけでなくサーバー側も大きな影響があるのか:COMPUTER WORLDの記事より »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59388677

この記事へのトラックバック一覧です: Interface5月号の記事はビジュアル計測:センサがらみの多彩な記事が興味深い:

« ホビット-竜に奪われた王国を観てきました:映画館で見る3Dは素晴らしい | トップページ | IoTは組み込み技術だけでなくサーバー側も大きな影響があるのか:COMPUTER WORLDの記事より »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ