« 半導体専業メーカーでない会社の半導体を製品に採用する勇気はない | トップページ | 海外ドラマARROWの主人公の母親役はボーグ・クイーン役の人だったんだ »

2014年3月28日 (金)

LANのRJ45コネクタのツメが折れたときの補修部品PING SNAP

 LANのRJ45のコネクタのツメは折れやすい。特に、ノートPCなどを使っていて、持ち歩く際に、ケーブルを抜き差しせざるを得ない使い方をしている場合にはそうである。
 その対策は、前にも書いたが、ツメの折れにくいLANケーブルを使うことである。ケーブルというのはそんなに高価ではないので、今使ってるケーブルのツメが折れた時には、こうしたツメの折れにくいケーブルへ入れ替えていけばいい。
 だが、簡単にそうはいかないばあいがある。長いケーブルを、床の下や天井に引き回していたり、モールや机の裏などに通していたりして、交換そのものが大変な場合である。よくしたもので、そのための補修部品が売られている。PING SNAPという製品だ。10個2400円と安くはない。ただ、ケーブル交換が大変な場合の補修部品と考えれば安いモノである。

« 半導体専業メーカーでない会社の半導体を製品に採用する勇気はない | トップページ | 海外ドラマARROWの主人公の母親役はボーグ・クイーン役の人だったんだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59370853

この記事へのトラックバック一覧です: LANのRJ45コネクタのツメが折れたときの補修部品PING SNAP:

« 半導体専業メーカーでない会社の半導体を製品に採用する勇気はない | トップページ | 海外ドラマARROWの主人公の母親役はボーグ・クイーン役の人だったんだ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ