« ネットワークスイッチにまでLinuxが搭載されているとは知らなかった | トップページ | 両方とも同時に靴下の穴があく確率はどの程度なんだろう »

2014年3月 7日 (金)

有料メールサービスはどこまで意味があるのだろうか

 前も書いたように、長年使っていたgooメールが無料サービスをやめて有料サービスのみになる。有料サービスとしては、別途Niftyメールを使っているので、gooメールは今回でお役御免である。Yahooメールへの移管も完了した。これも前に書いたようにgooメールのアカウントも停止した。
 今さら、有料メールサービスを使う人なんているのだろうか?無料メールが登場したころは、ネットショッピングサイトなどで無料メールでは会員登録できないところがあって、何らかの有料メールを持っている必要があった。ところが最近では、そんなサイトはどこもない。無料メールで十分である。私も、Niftyメールをやめてもあまり困らないのだが、既に登録しているサイトの変更も面倒だし、というので放置している。

« ネットワークスイッチにまでLinuxが搭載されているとは知らなかった | トップページ | 両方とも同時に靴下の穴があく確率はどの程度なんだろう »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59054566

この記事へのトラックバック一覧です: 有料メールサービスはどこまで意味があるのだろうか:

« ネットワークスイッチにまでLinuxが搭載されているとは知らなかった | トップページ | 両方とも同時に靴下の穴があく確率はどの程度なんだろう »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ