« コンピューターにおける2進数の影響:日経ITproの記事より | トップページ | 円谷英二 特撮の軌跡展に行ってきました »

2014年4月23日 (水)

ファイルの拡張子を偽装する:日経ITproの記事より

 ネットからダウンロードしてきたファイルの中で最も危険なのは実行形式ファイルである。テキストファイルだと思ってダブルクリックすると、実は実行形式ファイルで、ウイルスがしこまれていたというのはよくある話である。これを見抜く最も簡単な方法は、ファイルの拡張子を表示させることである。私もファイルの拡張子を表示させるオプションにしている。
 ところが標的型攻撃、脅威の手口 - あらん限りのファイル偽装:ITproという記事によると、このファイルの拡張子を実装する方法があるという。RLOという制御文字を挿入する方法らしい。この方法を使うことによってfilefdp.exeというファイルの名前をfileexe.pdfと言う風に表示させる事が可能なのだ。これはなかなか巧妙の方法である。おそらく私には見抜くことができないであろう。いろいろな攻撃の方法があるものである。

« コンピューターにおける2進数の影響:日経ITproの記事より | トップページ | 円谷英二 特撮の軌跡展に行ってきました »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59513919

この記事へのトラックバック一覧です: ファイルの拡張子を偽装する:日経ITproの記事より:

« コンピューターにおける2進数の影響:日経ITproの記事より | トップページ | 円谷英二 特撮の軌跡展に行ってきました »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ