« HTTPS経由のブラウジングで個人情報が流出:日経ITProの記事より | トップページ | ビットコインに関して技術屋として最も納得のいく説明 »

2014年4月 3日 (木)

仮想通貨で最も重要なのは換金の部分なのだろう:仮想通貨について考えてみる

 一連のビットコイン騒動で、通貨というのは何かということを考えてしまった。結論は、ドルやユーロのような現実の通貨などで登場する仮想通貨にとって最も重要なのは、現実の通貨の換金の部分だということだ。このことについては以前書いたことがあるがもう少し詳しく書いてみたい。
 まず基本的なことであるが、通貨そのものには何の価値もない。通貨以外のモノやサービスに交換できるという交換可能性に価値があるわけである。
 仮想通貨そのものがモノやサービスに交換出来る場合、そのモノやサービスの集合体を仮想通貨の生態系と呼んでみることにする。この生態系は既に存在している。楽天やヨドバシカメラがやっているポイントである。 楽天生態系やヨドバシカメラ生態系というものが日本には存在するわけである。個人と個人との間でこのポイントをやりとりはできないが物やサービスの交換という意味ではある種の仮想通貨になっているもう一ようにも見える。このことから私は以前書いたように、仮想通貨というのはポイントであると思ったのである。
 仮想通貨のもう一つの形は、ドルやユーロといった現実の通貨に交換するという方法だ。仮想通貨の生態系だけでは交換出来る物やサービスの幅が狭いので、現状最も効果の幅が大きい実際の通貨に変換するわけである。もしくは最初から、仮想通貨そのものの生態系を作るつもりはなく、生態系そのものは現実の通貨に依存するという設計思想もあるであろう。この場合、仮想通貨の信用が低ければ交換のレートが低くなる。ある場合には全く交換できなくなる。このあたりのことは、インフレが激しい国では、その国の通貨よりもドルの方が流通していると言うような実態があることを考えればわかる。
 ビットコインそのものの技術の信頼性というのは、実際の通貨においては偽造紙幣を作れるかどうかということと対比できるのではなかろうか。偽造紙幣をすぐに作れるのでは、通貨としては怖くて流通できない。でもたとえ偽造紙幣を作れないほど精巧な紙幣を作っても、その紙幣の発行元の信頼が低ければ結局は使えないものなのである。現代の社会ではドルやユーロといった通貨が最も信頼性が高く、交換できるサービスモノやサービスの幅が広いということになる。後から出てきた仮想通貨は、偽造の難しさという意味では現実のドルやユーロよりも優れているのかもしれないがその通貨の生態系という意味では現実をドルやユーロ乗り越えることができない。結果として仮想通貨で最も重要なのは、その仮想通貨に先行する現実のドルやユーロとの換金の部分ということになるのであろう。

« HTTPS経由のブラウジングで個人情報が流出:日経ITProの記事より | トップページ | ビットコインに関して技術屋として最も納得のいく説明 »

技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59406095

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想通貨で最も重要なのは換金の部分なのだろう:仮想通貨について考えてみる:

« HTTPS経由のブラウジングで個人情報が流出:日経ITProの記事より | トップページ | ビットコインに関して技術屋として最も納得のいく説明 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ