« 新しい話題を理解するということはこういう事なのだということがわかる:日経ITproの記事より | トップページ | 震災直後に購入したLED電球が故障した »

2014年5月23日 (金)

消費税8%というのは税抜き950円の品物を1,000円では買えないということなのだ

 消費税が8%に上がってから少し経つが、今でも慣れないことが多い。もちろん最も慣れないのは、1円玉が必要であるということである。ただ最近では電子マネーを使える場所が多いので、最初に3%の消費税が始まったときのように、財布が1円玉で溢れるという事はない。
 それよりも、意外に消費税が高いということに驚かされることが多い。例えば、端的に言えば、税抜き950円の品物を、消費税5%の時は1,000円札で支払えばお釣りが来た。ところが消費税8%になった途端1,000円札では買えないのである。950円が1,000円を超えるというのは、かなり高いという印象になる。
 本当に消費税を上げることによって、国の借金が減っていくならばいいのだが、単に税金の無駄遣いが増えるだけなら許せないほどの増税だ。

« 新しい話題を理解するということはこういう事なのだということがわかる:日経ITproの記事より | トップページ | 震災直後に購入したLED電球が故障した »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59693078

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税8%というのは税抜き950円の品物を1,000円では買えないということなのだ:

« 新しい話題を理解するということはこういう事なのだということがわかる:日経ITproの記事より | トップページ | 震災直後に購入したLED電球が故障した »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ