« トランジスタ技術7月号の特集は「700MHz炸裂! ラズベリーパイ初体験」:初体験するには他の本の方がいいかも | トップページ | Barnes & Noble:洋書の購入では日本のAmazonよりも品揃えが良く利用していた時期もあったのだが・・・ »

2014年6月27日 (金)

活動量をネットへアップロードするというのは健康管理から考えたときに効果的なのだろうか: 3週間ほどアップロードを忘れてしまっていた

 健康のために活動量計を購入した、ということを以前書いた。購入してから3ヶ月ほど経つが、活動量計は忘れずに毎日つけている。ところがネットへそのデータをアップロードするのを3週間ほど忘れてしまった。この活動量計は、本体に2週間分のデータを保持することができる。毎週データをアップロードすればデータが消えることはない。ところが3週間ほどアップロードするのを忘れてしまっていたがために、データが欠損ししまった。
 10年ほど前、万歩計を使っていたことがある。この万歩計はネットにアップロードするような高級な機能はなかったので、毎日計測値を日記に転記していた。面倒であったが逆に言えば毎日万歩計のデータを見ていたことになる。今日は1万歩を超えたかどうか、毎日確認できていた。
 ところがネットへアップロードできる活動量計を買ったとたんに、毎日データを確認するわけでもなく、それどころかアップロードするのさえ忘れてしまっている。便利になったことで、歩数を毎日確認することによって歩く励みにするという効果が薄れているのかもしれない。便利さと引き換えに何かを失っているのかもしれない。
 データが欠損ししまったのショックであったが気を取り直して再び毎週アップロードするようにしている。

« トランジスタ技術7月号の特集は「700MHz炸裂! ラズベリーパイ初体験」:初体験するには他の本の方がいいかも | トップページ | Barnes & Noble:洋書の購入では日本のAmazonよりも品揃えが良く利用していた時期もあったのだが・・・ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59882010

この記事へのトラックバック一覧です: 活動量をネットへアップロードするというのは健康管理から考えたときに効果的なのだろうか: 3週間ほどアップロードを忘れてしまっていた:

« トランジスタ技術7月号の特集は「700MHz炸裂! ラズベリーパイ初体験」:初体験するには他の本の方がいいかも | トップページ | Barnes & Noble:洋書の購入では日本のAmazonよりも品揃えが良く利用していた時期もあったのだが・・・ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ