« 京都国立博物館の特別展南山城の古寺巡礼行ってきました:かなり力の入った内容であった | トップページ | 小銭が嫌なのでスターバックスカードを持つことにした »

2014年6月 5日 (木)

バッファローの無線ルータのウイルス感染に関する続報が次々と出てきた

 前々回バッファローの無線ルータのウイルス感染に関するニュースを取り上げた。その時点では原因などは不明ということであったが現時点では次々と続報が報道されている。ウイルス感染の原因となったのは更新ファイルの配信で使っているCDNetworksのサーバー改ざん被害が原因であったというニュース - HISやバッファローのウイルス感染は、CDNetworksの改ざん被害が関与:ITproがあった。さらには、どのようにして改ざんされたかについてのニュース - CDNetworksの改ざん、エッジサーバーからのアップロード機能を悪用か:ITproも報道されている。
 バッファロー社はいわば、このCDNetworksの被害による被害者でもある。そこで、ニュース - CDNetworksのサーバー改ざん問題、バッファローとリクルートはAWSに切り替え:ITproというニュースも報道されている。
 セキュリティー対策というのが経営問題にまで発展する大きな課題であるということはっきりわかるような展開である

« 京都国立博物館の特別展南山城の古寺巡礼行ってきました:かなり力の入った内容であった | トップページ | 小銭が嫌なのでスターバックスカードを持つことにした »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59765125

この記事へのトラックバック一覧です: バッファローの無線ルータのウイルス感染に関する続報が次々と出てきた:

« 京都国立博物館の特別展南山城の古寺巡礼行ってきました:かなり力の入った内容であった | トップページ | 小銭が嫌なのでスターバックスカードを持つことにした »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ