« 15日のW杯の最高視聴率は50%超だったらしい:道理で前日の散髪屋が激混みだったはずだ | トップページ | 個人におけるセキュリティ対策の重要性 ‏ »

2014年6月17日 (火)

メーカー技術者のリストラ後の就職:日経ビジネスオンラインの記事より

 私自身がメーカーに勤めているサラリーマンであるためリストラ後の就職についての記事は身につまされる。そんな記事の中でもメーカーの技術者が自分の専門以外の分野へ再就職して活躍している姿を読むと頑張ってほしいと心から思う。

 ベビー服店で輝く「リストラ技術者」:日経ビジネスオンラインという記事は、三洋電機やパナソニックなどの大手電機メーカーの元技術者が西松屋というベビー服チェーンで再就職して働いているという話である。そもそも三洋電機の元社員を8人採用したところ非常に優秀だったので、その後もその他の電機メーカーの元技術者を採用して、現在では62人も働いているという。西松屋のPB商品の設計などを手がけているのとだ。
 電機メーカーの技術者にとってベビーカーの設計というのはまったく畑違いの仕事であったに違いないが、設計の考え方品質管理の考え方などが生きているらしい。西松屋の社長の話を少し引用する。

 彼らは日本の電機業界が世界を席巻した時の部長や課長です。日本の電機産業の最強時代の中核メンバーですよ。仕様書や企画書を書かせても、品質管理をやらせても間違いのない仕事をしてくれます。以前ならチェーンストアなど見向きもしてもらえなかった人材です。しかし、産業構造が変化していく中で、そんな優秀な人材が労働市場にあふれてきた。我々にとっては千載一遇のチャンスです。

 本当にその通りだと思う。逆に言えば、電機業界というのはリストラによって、こうした優秀な人材を手放してしまっているのである。韓国メーカーに負けるはずである。

« 15日のW杯の最高視聴率は50%超だったらしい:道理で前日の散髪屋が激混みだったはずだ | トップページ | 個人におけるセキュリティ対策の重要性 ‏ »

スキル」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59832183

この記事へのトラックバック一覧です: メーカー技術者のリストラ後の就職:日経ビジネスオンラインの記事より:

« 15日のW杯の最高視聴率は50%超だったらしい:道理で前日の散髪屋が激混みだったはずだ | トップページ | 個人におけるセキュリティ対策の重要性 ‏ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ