« SFにおけるフェルマーの最終定理の扱われ方 | トップページ | 京都国立博物館の特別展南山城の古寺巡礼行ってきました:かなり力の入った内容であった »

2014年6月 3日 (火)

バッファローの無線ルーターの更新ファイルにウイルスが仕込まれる

 無線ルーターの更新ファイルにウイルス仕込む : IT&メディア : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)というニュースに驚いた。バッファロー社のお知らせによると、どうやらダウンロードサイトに置いてあったファイルが改ざんされたらしい。その改ざんされたファイルによってPCがウィルスに感染するのである。
 今やセキュリティの脆弱性というのは避けて通れない問題である。現状では、ほとんど唯一に近い現実的な解決手段は、更新ファイルをダウンロードして脆弱性が解決された新しいソフトウェアに更新することである。今回の事故は、この脆弱性を解決するための手段すら疑わなければならないというややこしい問題の発端なのかもしれない。前から更新ファイルにウィルスが仕込まれると大変なことになると思っていたが、とうとう本当になってしまった。

« SFにおけるフェルマーの最終定理の扱われ方 | トップページ | 京都国立博物館の特別展南山城の古寺巡礼行ってきました:かなり力の入った内容であった »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59754701

この記事へのトラックバック一覧です: バッファローの無線ルーターの更新ファイルにウイルスが仕込まれる:

« SFにおけるフェルマーの最終定理の扱われ方 | トップページ | 京都国立博物館の特別展南山城の古寺巡礼行ってきました:かなり力の入った内容であった »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ