« 千葉で大阪のレストランを予約する:便利な時代になったことを実感 | トップページ | 情報処理学会「デジタルプラクティス」の記事を日経ITproへ転載 »

2014年6月22日 (日)

近距離用の眼鏡が壊れて作り直した:今はやりのブルーカットにしてみた

 私は強度の近視である。それが歳を取ると、近い方も見えなくなる。いわゆる老眼である。仕事の時間の多くは、PCの前か会議である。PCの前で作業をするための近距離用の眼鏡を、通常の眼鏡とは別に用意して、眼鏡を掛け替えている。遠近両用眼鏡にするという手もあるのだろうが、眼鏡を掛けかえるシーンがそれほど多いわけではないので、これで満足している。
 その近距離用の眼鏡が先日壊れた。作ってから数年経過し、老眼も進んでいたので、レンズ交換してもらおうかと思っていたので、タイミング的には、ちょうどいいタイミングであった。せっかく新しくするので、ブルーカットにしてみた。会社の照明がLED照明に変わってから妙に明るいからである。どこまで効果があるのかは、よくわからないのが正直なところである。

« 千葉で大阪のレストランを予約する:便利な時代になったことを実感 | トップページ | 情報処理学会「デジタルプラクティス」の記事を日経ITproへ転載 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59856237

この記事へのトラックバック一覧です: 近距離用の眼鏡が壊れて作り直した:今はやりのブルーカットにしてみた:

« 千葉で大阪のレストランを予約する:便利な時代になったことを実感 | トップページ | 情報処理学会「デジタルプラクティス」の記事を日経ITproへ転載 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ