« 現在における技術者のキャリアパス:日経ITproの記事より | トップページ | 暑い夏を過ごすためのかき氷 »

2014年7月19日 (土)

羽田空港-浜松町の往復切符が券売機で買うように変更になっていた

 単身赴任の身なので、飛行機で羽田へ到着しても、長期休暇でもない限り10日以内には再び羽田から単身赴任先の大阪へ移動することになる。10日以内に、羽田空港-浜松町のモノレールで往復するときには、往復切符というのが売られている。往復で800円である。この切符は増税後も同じ金額で売られているので、お得である。
 ところが、従来はこの切符は、改札口で買うしかなかった。紙の切符で、改札口でお金を払うと、その紙の切符に有効期限のスタンプを押すという運用であった。今日、羽田空港の改札口で往復切符を買おうとしたら、券売機で買うように変更になった、という。改札口が空いていればいいが、前に人がいて、その対応が長引くと往復切符を買うのに待たなければならなかったりしていたので、券売機で買えるのはいいことだ。しかも、紙の切符の時代は自動改札を通れなかったのだが、新しい往復切符は自動改札を通れるようになる。少し便利になった。

« 現在における技術者のキャリアパス:日経ITproの記事より | トップページ | 暑い夏を過ごすためのかき氷 »

単身赴任」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60008139

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港-浜松町の往復切符が券売機で買うように変更になっていた:

« 現在における技術者のキャリアパス:日経ITproの記事より | トップページ | 暑い夏を過ごすためのかき氷 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ