« ドキュメンタリーWAVE「密着ビットコイン最前線」:ものごとというのは動いていくということを実感 | トップページ | 標的攻撃型メールの対策-ツールが欲しい:日経ITProの記事より »

2014年7月 9日 (水)

電子回路をプリンターで印刷、ペンで手書きもできるAgIC Print

 イノベーションの種というのはあちらこちらにあるものである。3Dプリンタは、既に普及の段階に入った。量産に使えるかはともかく、開発時の試作には欠かせないツールになっている。
 AgIC Printは、それと同じようなインパクトがあるのではないかと思う。市販のインクジェットプリンタのカートリッジを、このAgIC Print
のカートリッジに交換するだけで電子回路が印刷できるのである。
 紙の上に印刷された基板にどうやって部品を半田付けするのかという疑問がわいてくる。半田ごてをあてると焦げてしまうだろう。AgIC Print - Printing circuit boards with home printers by AgIC Inc. — Kickstarterで紹介されている画像とキットの中身を見るとconductive tapesやconductive glueというのがあるので、どうやらこれでテーピングするか糊付けするかするようだ。この伝導グルーを穴に埋め込めばスルーホールも実現できるのだろうか?
 まあ、いづれにせよ、自作の電子工作の2大作業は、プリント基板の作成と半田付けである。テーピングや糊付けが半田付けよりも効率がいいかは少し疑問だ。一方、プリント基板の作成については、少なくとも、自分でエッチングするよりは精度のいいプリント基板ができそうだ。エッチング液の処理も不要というのもポイントが高い。
 プリント基板の作成が手軽になれば、いろいろと面白いことができるであろう。紙の上に印刷できるということは、かなり柔軟なフレキシブル基板を手にすることができるということなので、今までにないアイデアの実現も可能かもしれない。

« ドキュメンタリーWAVE「密着ビットコイン最前線」:ものごとというのは動いていくということを実感 | トップページ | 標的攻撃型メールの対策-ツールが欲しい:日経ITProの記事より »

技術」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

開発業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59955338

この記事へのトラックバック一覧です: 電子回路をプリンターで印刷、ペンで手書きもできるAgIC Print:

« ドキュメンタリーWAVE「密着ビットコイン最前線」:ものごとというのは動いていくということを実感 | トップページ | 標的攻撃型メールの対策-ツールが欲しい:日経ITProの記事より »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ