« 情報セキュリティの10大脅威:日経ITproの記事より | トップページ | Interface8月号の特集は「初体験!ラズベリー・パイで本格ネットワーク」: ラズベリー・パイよりもネットワーク技術に焦点のあたった特集 »

2014年7月 1日 (火)

ITエンジニアの新しい認定制度:技術士と何が違うのだろうか

 ニュース - 情報処理学会、ITエンジニアの新認定制度を開始:ITproというニュースを読んだ。少し引用する。

 情報処理学会は6月30日、「認定情報技術者(CITP:Certified IT Professional)」と呼ぶITエンジニア向けの新しいプロフェッショナル認定制度を開始すると発表した。大手ITベンダー6社が主導しており、情報処理技術者試験など従来の認定制度を補完する制度として位置付けている。
 CITP制度が手本としたのは、ソフトウエア技術者認定制度の国際標準「ISO/IEC 24773」だ。ITエンジニアは申請書を提出すると同時に、面接を実施して認定を受ける。申請書の記載項目は「知識」「業務経験」「プロフェッショナル活動」の3分野としている。

この制度は既存の制度と何が違うのだろうか。たとえば技術士の試験も基本的には知識と業務経験を問われる。しかも筆記試験だけではなく面接も行うという仕組みになっている。もちろん情報処理関係では情報処理試験の方が認知度が高く、技術士の認知度は著しく低い。だからといって今さら新しい認定制度を作る必要があるのであろうか。
 この資格はNECやNTTなどの大手ベンダーが制度の策定・推進に当たっているというのがウリである。それゆえに実践的な認定制度になるのではないかという期待もあるのだと思う。私自身は少し懐疑的である。そもそも、これらの大手ベンダーで、技術者の技術力を判定して正当に評価をするという評価制度が確立しているのであろうか。いろいろなIT雑誌を読む限りそうは思えない。百歩譲って、各ベンダーではそうした技術力に関する評価方法が存在するのであるが、門外不出で今までは公開されてこなかったというのであれば、そしてその問題不出の方法を各ベンダー間で持ち寄ってさらに良いものにするというのであれば、期待できるかもしれない。
 つまり期待できないということを私は言っているのである。よほど画期的なものでない限り、技術士などの既存の制度と改善する方向で検討するほうがいいように思う。

« 情報セキュリティの10大脅威:日経ITproの記事より | トップページ | Interface8月号の特集は「初体験!ラズベリー・パイで本格ネットワーク」: ラズベリー・パイよりもネットワーク技術に焦点のあたった特集 »

スキル」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

技術士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/59910931

この記事へのトラックバック一覧です: ITエンジニアの新しい認定制度:技術士と何が違うのだろうか:

« 情報セキュリティの10大脅威:日経ITproの記事より | トップページ | Interface8月号の特集は「初体験!ラズベリー・パイで本格ネットワーク」: ラズベリー・パイよりもネットワーク技術に焦点のあたった特集 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ