« 電子書籍が複数台の機器でなぜ読めるのか?:コンテンツと機器の関係を考える | トップページ | Web版パスワード管理は安全か »

2014年7月31日 (木)

USBとスマホとではファイル転送の方式が違うらしい

 ITpro編集長日記 - ベネッセ事件、スマホの謎が解けた?:ITproという記事を読んだ。そのイントロの部分を少し引用する。

 ベネッセホールディングスの個人情報漏洩事件の報道で、気になっていることがありました。ある時、USBメモリーへの複製を禁止していたはずのPCに、容疑者が自分のスマートフォンにデータをダウンロードできることが分かった、とされている点です。

 私も同じ疑問を持っていた。どう考えても、この時代にデータを持ち出そうとすれば、USBメモリよりもスマホであろう。USBメモリへの複製を禁止していたにもかかわらず、スマホでは禁止していなかったというのは、常識で考えてもおかしいからである。
 じつはUSBメモリーの転送方式とスマホのファイル転送方式とが異なるらしい。そのことをIT部門が知らなかったのではないかという指摘である。こういう知識はある種の人にとっては常識なのだろうが、普通の技術者は知らないのではないかと思う。少なくとも私は知らなかった。
 スマホだってUSBメモリと同じようにPCから見ればストレージに見えるのだと勝手に思っていた。おそらくストレージに見えるのだろう。そのストレージに見せるためのやり方にいくつかあるのである。
 最近の技術の進歩によって、データリンク層やネットワーク層の部分は隠蔽され、仮想的にストレージに見えるようにできる。普通に使うときには、 USBメモリであってもスマホであっても、仮想的に同じように見えるので、PC上でのファイル操作も全く同じ様に操作可能である。PCの一般ユーザにとっては非常に便利な機能だ。だがPC上でのアクセス制限をかけるときには、その隠蔽された部分の知識が必要になってくる。技術の発達が盲点になってしまったということなのだろう。

« 電子書籍が複数台の機器でなぜ読めるのか?:コンテンツと機器の関係を考える | トップページ | Web版パスワード管理は安全か »

技術」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60074437

この記事へのトラックバック一覧です: USBとスマホとではファイル転送の方式が違うらしい:

« 電子書籍が複数台の機器でなぜ読めるのか?:コンテンツと機器の関係を考える | トップページ | Web版パスワード管理は安全か »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ