« 単身赴任での家庭との連絡:基本は携帯電話 | トップページ | 単身赴任のネット環境 »

2014年8月12日 (火)

単身赴任の大きな選択肢:自炊するか否か-自炊するならアパートの選択は慎重に

 前々回に引き続き、単身赴任後のライフスタイルと単身アパートについて、考えてみたい。単身赴任後のライフスタイルは、単身赴任前にはあまりうまく想像できない。その時点でのライフスタイルに合わせて買いそろえていけば良い。ところが、アパートだけはどうしようもないのである。気に入らなければ途中で引っ越しという手もあるだろうが、通常は単身赴任で単身アパートを引っ越しするという例は聞いた事がない。最初に借りたアパートで我慢するしかない。
 アパートを決めるためのポイントの一つが、自炊するか否かである。自炊する場合は、アパートの自炊設備がどの程度のものがあるか、自炊の食材を調達するためのスーパーとの位置関係の2つを検討しなければならない。私の住んでいるアパートは、自炊設備はまままあである。狭いのだが、一応の料理はできる。自炊スペースが広い単身アパートというのはあまりないが、狭いところは避けないといけない。調理器具や調味料など、意外にスペースが必要だからだ。現に、私は、炊飯器は持っていない。ご飯が欲しい時は、電子レンジで炊いている。
 スーパーが近くにあれば便利だと思う。私の単身アパートの近くにはコンビニしかないので、自炊のための食材は、会社の最寄りの駅のスーパーで購入して、そのまま電車に乗って持って帰っている。これは、単身アパートの最寄りの駅から単身アパートまでの距離が近いからできているので、そうでなければ自炊が挫折したかもしれない。さすがにコンビニでは自炊の食材を調達できないからだ。ただ、病気になったときの食事の調達という意味ではコンビニでもないよりははるかにましである。近所にスーパーもコンビニもない場所に住むのは避けた方がいいと思う。
 自炊する場合は、自炊スペースと食材調達の2つが、単身アパートを決めるためのポイントである。

« 単身赴任での家庭との連絡:基本は携帯電話 | トップページ | 単身赴任のネット環境 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

単身赴任」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 単身赴任での家庭との連絡:基本は携帯電話 | トップページ | 単身赴任のネット環境 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ