« 開発の現場から:責任が技術力を身につけさせる | トップページ | 冷凍ピザでも美味しく食べられる魚焼きグリル専用プレート »

2014年8月30日 (土)

松山旅行に持って行きたかった本:坂の上の雲の松山を歩く

 「坂の上の雲」の松山を歩くという本を見つけた。司馬遼太郎の坂の上の雲の中に出てきた文章を引用して、そこの場所の観光案内を記載するという体裁の本である。例えば秋山兄弟生誕地の紹介のところには、第1巻の「春や昔」という章の文章が引用され、4ページにわたってそこの場所の観光データーが紹介されている。
 先日、坂の上の雲ミュージアムへ行くことをメインの目的として、松山へ行ったのだが、その時にはこの本を知らなかった。この本を持っていけば、もう少し違った場所にも行けたのではないかと思う。この本は観光ガイドブックとしては、内容の割に高価である。坂の上の雲の読者が、引用文を読みながら、松山観光を楽しむための本であると言える。誰にでも勧められるガイドブックではないが、坂の上の雲ファンにはおすすめである。

« 開発の現場から:責任が技術力を身につけさせる | トップページ | 冷凍ピザでも美味しく食べられる魚焼きグリル専用プレート »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60230874

この記事へのトラックバック一覧です: 松山旅行に持って行きたかった本:坂の上の雲の松山を歩く:

« 開発の現場から:責任が技術力を身につけさせる | トップページ | 冷凍ピザでも美味しく食べられる魚焼きグリル専用プレート »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ