« USBメモリーブートができない古いノートPCでUSBメモリーブート可能とするPlop Boot Manager | トップページ | 色が知的財産になるとは »

2014年9月 3日 (水)

4 GBのUSBメモリーを2個購入した:こんな小容量のUSBメモリーはなくなるだろうから

 前回、DOSのUSBメモリブートができるようになったということを書いた。DOSは古いOSなので、大容量のドライブを認識しない。また古いPCはUSB 2.0のインターフェイスしか持っていない。もちろん大容量のUSBメモリーであってもUSB 3.0のUSBメモリであっても、原理的には古いPCから認識できるはずである。しかしPCの世界でありがちな、相性ということを考えれば、安全なのは4GB以下のUSB 2.0のインターフェイスのUSBメモリーを使うことである。
 ところがそんなUSBメモリはだんだんと希少価値になっている。今の主流は16GB程度のUSB 3.0対応のUSBメモリーである。Amazonで調べても4GB以下のUSB 2.0のUSBメモリーはほとんど売っていなかった。BUFFALO USB2.0用 USBメモリー 4GBというのがあったので、とりあえず今後のために2個購入しておいた。

« USBメモリーブートができない古いノートPCでUSBメモリーブート可能とするPlop Boot Manager | トップページ | 色が知的財産になるとは »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60255619

この記事へのトラックバック一覧です: 4 GBのUSBメモリーを2個購入した:こんな小容量のUSBメモリーはなくなるだろうから:

« USBメモリーブートができない古いノートPCでUSBメモリーブート可能とするPlop Boot Manager | トップページ | 色が知的財産になるとは »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ