« mbedでのLチカ:14分でできた | トップページ | 社内競争の厳しさ:情報処理10月号の記事より »

2014年9月24日 (水)

伊丹空港の改修:日経ビジネスオンラインの記事より

 何度も書いていることだが東京と大阪の移動には飛行機を愛用している。必然的に羽田空港と伊丹空港とを往復することになる。
 羽田空港は、24時間空港の割には夜遅く羽田空港に到着すると食事をする場所が少ないという欠点があるものの、さすがに日本の中心の空港だけあって、設備も整っている。
 一方の伊丹空港は、発着時間の問題があって、夜遅い便が無いという欠点はあるものの、大阪市内へのアクセスは関空に比べて圧倒的に良い。羽田空港と比べてもそんなに見劣りはしないアクセスの良さである。一方で設備は貧弱のひとことである。
 伊丹の改修で航空ファンが減る?:日経ビジネスオンラインの記事によれば伊丹空港の改修の計画があるらしい。少し引用する。

 現ターミナルは、到着口が分かれていることで出迎える人が分かりにくく、到着客がバスやモノレールへ乗り継ぐのにも効率が悪い。改修後は、バスの降車位置を変更することで歩く距離を短縮。モノレール駅とターミナル間には立体連絡通路を新設し、保安検査場へ直結する。ピーク時の混雑が激しい保安検査場も拡張し、待ち時間の短縮を図るという計画だ。

 今の伊丹空港の最大の欠点は保安検査場の待ち時間である。マイレージの上級会員の専用入り口でもかなり待たされることがある。保安検査場のあるフロアに人があふれていることもある。羽田空港では見かけない風景である。ぜひとも実現してほしいものだ。中央エリアの改修の完了が2016年秋ということなので、2年後にはできていることになる。期待している。

« mbedでのLチカ:14分でできた | トップページ | 社内競争の厳しさ:情報処理10月号の記事より »

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60369270

この記事へのトラックバック一覧です: 伊丹空港の改修:日経ビジネスオンラインの記事より:

« mbedでのLチカ:14分でできた | トップページ | 社内競争の厳しさ:情報処理10月号の記事より »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ