« Firefoxをインストールしたのに黒い画面が出てくるだけだった ‏ | トップページ | 江戸東京博物館特別展「東京オリンピックと新幹線」に行ってきました »

2014年10月25日 (土)

ブルーレイ/DVDレコーダーは故障しないことを祈るのみなのか

 自宅で使っているブルーレイ/DVDレコーダーのリモコンの調子が悪くなった。上矢印のボタンが反応しなくなったのである。リモコンだけ売っていたのでそれを購入して使っている。
 こうした製品は技術の進歩が激しいので、新しい機器に買い替えた方がいいのだが、そうはいかない事情がある。HDD内に録画している番組をどうするかが難しいからだ。VHSテープの時代は、VHSテープに録画されていたので、ビデオが故障したら修理するより新しい機器を購入していた。ところが、HDD内蔵の場合はそうはいかない。今の内蔵タイプの場合、ビデオが壊れないことを祈るしかないようになっている。
 HDDが外付けでも事情は同じである。HDDが壊れたらどうしようもないからだ。コピー・ワンスの番組だったら、HDDのバックアップがとれないからだ。
 HDDは必ず壊れる。HDDの故障=録画の消滅というのは勘弁して欲しい。一度見た番組で、再度見たい番組は必ずブルーレイへムーブするようにしているが、ブルーレイがHDDよりも耐久性があるという保証はない。以前、VHSテープの保管が悪くて、買ったVHSビデオにカビがはえて使えなかったことがある。ブルーレイにしても、どう保管するかが重要になるだろう。

« Firefoxをインストールしたのに黒い画面が出てくるだけだった ‏ | トップページ | 江戸東京博物館特別展「東京オリンピックと新幹線」に行ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

過去に2年間録画をためたHDDレコーダーが故障した経験があります。その時の喪失感というのは非常に大きいものでした。
今はコピー10の番組だけDVDにコピーしていますが、それもいつまで持つのかわかりません。

昔は複数のビデオテープにわけて録画していたので、1本が故障してもなんとかなりました。また、テープの一部が悪くなっても、そこだけつけなおしてテープの他の部分は大丈夫、と結構耐性があったように思います。ただ、カビ対策が十分でなく、実家のテープは最近ほとんどダメになったようです。

HDDレコーダーが故障したという経験の人はまだ少ないと思います。今後、確実に故障するであろう製品でバックアップができない現状のコピーライト対策はどうにかして欲しいと思います。

外付けHDDに録画しものは、テレビを変更したら閲覧できなくなる、というようなややこしいこともあるようです。これもコピーライト関連の対策によるものです。これらの事項は一般の父さん母さんからすると意味不明なことで過去の撮りためたものが一切みれなくなるという理不尽なものですね。

TSSです。
個人で録画した番組は財産です。
私の場合は、TVドラマ(主として米国のミステリー、SF)なので、万が一、録画が消失しても、DVDになっていたりするので、金銭的な損失で済みます。
しかし、家内は、バラエティ番組とか、歌番組とかを録画しているので、これが消失すると痛手が大きいです。DVDなどで発売される可能性がないからです。
Wikiによると、地上波のような無料のTV番組に、こうした規制をかけているのは日本だけのようです。なんとかしてほしいものだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60539754

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーレイ/DVDレコーダーは故障しないことを祈るのみなのか:

« Firefoxをインストールしたのに黒い画面が出てくるだけだった ‏ | トップページ | 江戸東京博物館特別展「東京オリンピックと新幹線」に行ってきました »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ