« ナショナルジオグラフィック展へ行ってきました:素晴らしい写真の数々 | トップページ | イノベーションの中心としての深セン:情報処理10月号の特集記事より »

2014年10月 6日 (月)

mbedとmbed OS

 ARM、IoT向けのOS「mbed OS」を発表 - CIOニュース:CIO Magazineという記事を読んだ時には、何のこと?と思った。mbedというのは組み込みの世界では有名な開発環境で、前にも書いたが私も興味を持って少しさわっている。しかも無料で提供されている環境である。そして、その環境の中にOSも含まれている。今さらmbed OSという名前で何を発表したのか、この記事ではよくわからなかったのである。
 mbed OSとmbed Device Serverが発表されました | スイッチサイエンス マガジンという記事を読んで、mbedとmbed OSの関係について少し理解ができた。従来のmbedにさらにIoT向けに、TLSなどの暗号、電力管理といった機能が追加されるもので、現在のmbedのプラットフォームがv2.0なのに対し、今回発表されたmbed OSはver3という位置づけのようだ。
 さらに、サーバー側のDevice Serverも発表された。mbed OSはARM向けには無料で提供と明示されているが、こちらは言及がないのできっと有償なのだろう。
 開発環境を含め、どういう全体像になるのか興味深い展開である。
 ARM Technology Symposium 2014 Japan:HOMEというのが10/30に東京で開催されるので、きっと、そこでも紹介があるだろう。出席できないのが残念だ。

« ナショナルジオグラフィック展へ行ってきました:素晴らしい写真の数々 | トップページ | イノベーションの中心としての深セン:情報処理10月号の特集記事より »

ニュース」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60433936

この記事へのトラックバック一覧です: mbedとmbed OS:

« ナショナルジオグラフィック展へ行ってきました:素晴らしい写真の数々 | トップページ | イノベーションの中心としての深セン:情報処理10月号の特集記事より »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ