« スッキリ目覚めるか、目覚まし時計で目覚めるか | トップページ | 単身赴任の移動事情:台風の時の移動 »

2014年10月12日 (日)

英国法廷の衣装:今でもそんな格好でやっているとは

 LAW & ORDER: UKという英国のドラマがCATVで放送されている。米国で計20シーズン続いたLAW & ORDERの英国版である。この英国版のエピソードは米国版のものから面白いエピソードを選んで作成されているらしい。
 前半は刑事の物語、後半は検事の物語という構成は米国版と同じである。だが、全く異なる感じを与えている部分がある。法廷シーンである。何と法廷に出ている判事、検事、弁護士がみんなかつらをかぶっているのである。コートドレスというらしいのだが、そんな格好を今でもやっているとは驚きである。英国の伝統というのは、侮れない。

« スッキリ目覚めるか、目覚まし時計で目覚めるか | トップページ | 単身赴任の移動事情:台風の時の移動 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60464016

この記事へのトラックバック一覧です: 英国法廷の衣装:今でもそんな格好でやっているとは:

« スッキリ目覚めるか、目覚まし時計で目覚めるか | トップページ | 単身赴任の移動事情:台風の時の移動 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ