« 南極観測船ふじを見てきました | トップページ | IoTというキーワードが組み込み技術業界を牽引していることを実感:ET2014へ行った »

2014年11月23日 (日)

大阪-名古屋の移動

 前回、名古屋に行ったということを書いた。大阪から名古屋への移動手段は、出張で行くなら、間違いなく新幹線だが、今回はプライベートである。しかも、行くのは日帰りなので、できるだけ安く行きたいということで少し調べてみた。
 さすがに中年のおじさんなので、時間がかかるすぎるとつらい。JR東海道線普通電車、高速バスで、という選択肢は外し調査した。最後まで残った選択肢は、近鉄特急と新幹線自由席用早特往復きっぷの2つである。前者は、チケットショップで片道3300円で売られていたので、往復6600円。後者は1週間前までに窓口(または旅行会社)で買う必要があって、9150円である。所要時間は、前者が2時間、後者が1時間である。
 少し迷ったのだが、私の大阪での単身アパートからは、難波よりも新大阪の方が交通の便がいいし、新幹線の方がはるかに便数が多いので便利である。唯一、自由席にしか乗れないというのが弱点であるが、往路は新大阪始発が結構な本数出ているので問題なくすわれる。復路は、名古屋発というのはないので、少し心配だが、ビジネスマンで一杯になる17:00台以前に乗車すれば、自由席で全く問題ない。
 ということで、後者の新幹線自由席早特往復きっぷにした。所要時間1時間というのはやはり快適であった。これなら、また名古屋へ行ってもいいかな、と思った。

« 南極観測船ふじを見てきました | トップページ | IoTというキーワードが組み込み技術業界を牽引していることを実感:ET2014へ行った »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60698012

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪-名古屋の移動:

« 南極観測船ふじを見てきました | トップページ | IoTというキーワードが組み込み技術業界を牽引していることを実感:ET2014へ行った »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ