« 大阪-名古屋の移動 | トップページ | 肌に溶け込むエレクトロニクス:日経エレクトロニクス11/24号の記事より »

2014年11月24日 (月)

IoTというキーワードが組み込み技術業界を牽引していることを実感:ET2014へ行った

 ET2014(Embedded Technology 2014)組込み総合技術展へ行ってきた。展示会は、毎回、じっくり見て回ろうと思うのだが、毎回何か他の業務が入っていて、駆け足でしか見て回れない。今回もそうだった。組み込み技術は、私の専門分野なので、できる限り展示会へは行って、最新技術動向をフォローしようとは心がけている。
 一時、この業界はかなり落ち込んでいた。年々展示スペースも、ブース数も少なくなってきていた時期があった。最近も、組み込みCPU大手のルネサス社の動向を考えても、必ずしも良いニュースばかりではないが、IoTというキーワードで業界が活気付いていることは確かである。
 例によって、具体的な活用事例はあまりないし、本当にビジネスになるのかも疑問だが、業界として活気があることはいいことだ。

« 大阪-名古屋の移動 | トップページ | 肌に溶け込むエレクトロニクス:日経エレクトロニクス11/24号の記事より »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60703852

この記事へのトラックバック一覧です: IoTというキーワードが組み込み技術業界を牽引していることを実感:ET2014へ行った:

« 大阪-名古屋の移動 | トップページ | 肌に溶け込むエレクトロニクス:日経エレクトロニクス11/24号の記事より »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ