« Shellshockに関する少しまとまった記事 | トップページ | 無線ルーターからID流出:ロジテック製の無線ルーター »

2014年11月19日 (水)

IoTの具体的な応用事例が興味深い:日経ビジネスオンラインの記事より

 IoTといっても、デバイスメーカーやITベンダーが盛んに技術を宣伝してはいるが、その応用事例となるとあまり多くはない。
 IoTの勝負は「人づくり」:日経ビジネスオンラインに興味深い具体的な応用事例が載っていた。シカゴでの先進的な事例である。少し引用する。

 交差点に立つ信号機や街灯を見上げれば、小さなセンサーが街中の交通の状況を常時モニターしていることがわかる。道路沿いのゴミ箱は、中にたまったゴミの量をネット経由で回収業者に知らせることで彼らの手間を省いているし、24時間乗り降り自由のレンタサイクルシステムも、IoTの仕組みで成り立っている。ネズミの駆除や犯罪対策の効果を高めるため、データに基づいた予測アルゴリズムを活用する計画も進んでいる。

 シカゴの事例が先進的だと言っても、技術的には大したことはないではないか、というような意見もあるのではないかと思われるような事例である。技術的には日本でもすぐに実現できることに違いない。
 しかし、ここでのポイントは、実際にやっているということである。そもそもIoTという技術は、昔からあるセンサーネットワークなどの技術と、今流行のビッグデータの組み合わせにしか過ぎない。それほど突出した技術があるわけではない。つまりIoTというのは、先進的な技術というよりもむしろノウハウや応用分野の開拓ということが重要な技術分野なのではないかと思うのである。
 そういう意味では、まず始めるという米国人には得意で日本人には苦手な行動が必要である。本当に日本がこの分野で先頭に立とうとすれば、米国人のようにまず始めるというメンタリティーが必要なのではないだろうか。

« Shellshockに関する少しまとまった記事 | トップページ | 無線ルーターからID流出:ロジテック製の無線ルーター »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60680033

この記事へのトラックバック一覧です: IoTの具体的な応用事例が興味深い:日経ビジネスオンラインの記事より:

« Shellshockに関する少しまとまった記事 | トップページ | 無線ルーターからID流出:ロジテック製の無線ルーター »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ