« 「火山学会は夜も寝ずに頑張れ」:寝なければ頑張れない | トップページ | 10年後消える仕事 »

2014年11月13日 (木)

偶然と必然:幸運の女神に後ろ髪はない

 発明・発見には、偶然という要素が働くことがある。
 幸運の女神に後ろ髪はないという言い方もあるが、偶然をいかに活かすか、そもそも活かせるのか、そもそも幸運の女神だと気づくのかなど、人それぞれであろう。なぜ、人それぞれなのか。何が違うのか、ということを説明するのに的確な言葉があった。偶然と必然 - デバイス - 日経テクノロジーオンラインの記事を引用する。

人にウイルスのレセプターがないとインフルエンザにかからないのと同じで、世の中を飛び交う情報に対するレセプターを持っていないと、肝心なときにピンと来ない。

 この記事の中には、「何が解決の糸口になるかは事前にはわからないので、レセプターを増やすことが重要」という指摘がある。その通りと思う。一方で、レセプターの感度を磨くことも重要なのではないだろうか。年を取ると、それなりにレセプターが増えてくるのだが、感受性が薄れてくるせいか、それぞれのレセプターが機能しないことが多いような気がする。

« 「火山学会は夜も寝ずに頑張れ」:寝なければ頑張れない | トップページ | 10年後消える仕事 »

スキル」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60641025

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然と必然:幸運の女神に後ろ髪はない:

« 「火山学会は夜も寝ずに頑張れ」:寝なければ頑張れない | トップページ | 10年後消える仕事 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ