« スマホのジャイロセンサーが盗聴マイクに?:日経ITproの記事より | トップページ | インフルエンザの予防注射をしてきた:病院が空いていたのですぐにできた »

2014年11月 7日 (金)

正倉院展へ行ってきました:鳥毛立女屏風がよかった

 奈良国立博物館で開催されている第66回正倉院展|奈良国立博物館へ行ってきた。平日の朝8:40ごろに現地に到着した。9:00の開館と同時に列が進み、9:05には会場に入ることができた。やはり早い時間に行って、並ぶのが最も効率がいいのかもしれない。
 今回の目玉は、15年ぶりに公開されるという鳥毛立女屏風であろう。正倉院展では全6扉中4扉が公開されている。残りの2扉は東京国立博物館で開催されている国宝展で公開されていた(されていた、というのは現時点ではすでに公開が終わっているからである)。前にも書いたが私は国宝展にも行っている。そこで残りの2扉を見ている。なので、結果的には全て見ていることになるのだが、印象という意味ではどうなのだろう。美術に詳しい人であれば、別々の場所で見ても印象に残るのだろうが、私の場合は残念ながら美術に詳しくはない。できれば6扉全てが同じ場所で公開されているのを見たかったと思う。
 展示そのものは、国宝展よりも正倉院展の方が近くでじっくりと見ることができたのでよかった。

« スマホのジャイロセンサーが盗聴マイクに?:日経ITproの記事より | トップページ | インフルエンザの予防注射をしてきた:病院が空いていたのですぐにできた »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正倉院展へ行ってきました:鳥毛立女屏風がよかった:

« スマホのジャイロセンサーが盗聴マイクに?:日経ITproの記事より | トップページ | インフルエンザの予防注射をしてきた:病院が空いていたのですぐにできた »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ