« とうとうトヨタも自動運転の公道実験を開始:日経テクノロジーオンラインの記事より | トップページ | 格安のAndroidタブレットに多数の脆弱性:製品のセキュリティがこのレベルとは »

2014年12月 2日 (火)

クルマにJavaを搭載した“Java Car”公開:オラクル社もIoTへ参戦か・・・

 News & Trend - クルマにJavaを搭載した“Java Car”公開、IoTを機に攻勢に出るオラクル:ITproの記事から少し引用する。

 日本オラクルとフリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは“IoT時代のコンセプトカー”と称するデモシステムを構築。2014年12月4日にフリースケールが都内で開催するイベントで初めて公開する。自動車の走行速度やエンジン回転数、スロットル開度などのデータを収集し、その情報をサーバーに集約して分析するという複数の機器やサーバーにまたがる処理を、すべてJavaで記述したのが特徴だ。

 チップセットメーカーとしてのフリースケールと,ソフトベンダとしてのオラクル社のコラボの産物ということか。ソフト開発の規模の増大,テスト工数の増大を考えると,少しくらいチップのコストはあがっても,CよりはJAVAで開発したいという考え方はあり得ると思う。私も前に書いたことがあるがC#で開発できる.NET Micro Frameworkに関心あったのだがどうやら普及しそうもない。JAVAならC#よりもはるかにメジャーな言語なので,実用化されればうれしい。JAVAで開発するメリットについて書かれた部分を少し引用する。

 IoTは組み込み機器だけでもITシステムだけでも実現できない。サーバー用とクライアント用のアプリを共通の環境で開発できるJavaの価値が高まるはずだ。
(中略)
 Javaプラットフォーム共通のセキュリティやリモート監視、通信などのライブラリを利用できるため、「リアルタイムOS上のネーティブアプリとして開発する場合に比べて、生産性や品質を大幅に向上できるはずだ」。


 フリースケール社の安いチップセットで,本当にこれが実現できればうれしい。

« とうとうトヨタも自動運転の公道実験を開始:日経テクノロジーオンラインの記事より | トップページ | 格安のAndroidタブレットに多数の脆弱性:製品のセキュリティがこのレベルとは »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60750599

この記事へのトラックバック一覧です: クルマにJavaを搭載した“Java Car”公開:オラクル社もIoTへ参戦か・・・:

« とうとうトヨタも自動運転の公道実験を開始:日経テクノロジーオンラインの記事より | トップページ | 格安のAndroidタブレットに多数の脆弱性:製品のセキュリティがこのレベルとは »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ