« パーソナルコンピューティングの30年より:ワープロ「一太郎」が躍進ver.3で完成度を極める(1987年) | トップページ | モバイルとクラウドによる企業のセキュリティ対策の変化 »

2014年12月19日 (金)

冬の単身赴任アパートは極寒

 昨夜、仕事を終えて、単身アパートに帰ったところ、部屋の温度は10度まで下がっていた。通勤時はスーツを着ているので、帰宅すると部屋着に着替えるのだ
が、ここまで寒いと、部屋着+ジャンパーを着ないと我慢できない。
 すぐにエアコンをつけるのだが、単身アパート据え付けのエアコンというのは安ものなので、なかなか暖かくならない。しかも、床はフローリングなので、部屋は冷え切っている。足元暖房用の、暖房機器も稼働して、エアコンは上から、足元暖房器は下から暖めることにしている。この足元暖房は小型のセラミックヒーターを使っている。足元暖房と別れていないが能力的には部屋全体を温めるだけの能力は無い。しかし足元暖房としては非常に優秀である。小さいのでちょうど足元が温まるのである。
 それでもトイレは寒い。自宅は、暖房便座になっているが、単身アパートにそうした機器を設置するほど金持ちではないので、トイレは寒いままなのである。
 いろんな意味で、冬は、単身赴任者にはつらい時期である。

 

« パーソナルコンピューティングの30年より:ワープロ「一太郎」が躍進ver.3で完成度を極める(1987年) | トップページ | モバイルとクラウドによる企業のセキュリティ対策の変化 »

単身赴任」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の単身赴任アパートは極寒:

« パーソナルコンピューティングの30年より:ワープロ「一太郎」が躍進ver.3で完成度を極める(1987年) | トップページ | モバイルとクラウドによる企業のセキュリティ対策の変化 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ