« 単身赴任の帰省事情:かぜをひいてしまっての帰省 | トップページ | 安全というのは、まずは外から見た安全から始まる »

2014年12月30日 (火)

ネットの速度の重要性

 自宅のネット回線を、ADSLから光ファイバーへ変更した。
 光ファイバーといってもマンションなので、1つの回線を複数の世帯で共有することになる。しかも古いマンションだから共用部から専有部への伝送はVDSLを使うことになる。なので、実際にどこまで高速化されるかが不明で、なかなか光ファイバーへの変更に踏み切れなかった。勧誘の電話がかかってきたのを機会に、この際なので光ファイバーに変更してみた。
 今までルーターに有線LANで直結しているPCで、1~2Mbpsの速度しか出ていなかったが、光ファイバーに変えることによってその10倍の速度になった。この速度の向上はじつは体感上は私の場合はあまり大きな変化は無い。PCで動画などを見る事はほとんど無いからである。
 ところが、この先に無線LANで接続しているPCのほうは、体感上でかなり大きな変化があった。無線LANで接続しているPCでの速度が100kbps程度しか出ていなかったのが5Mbpsくらいの速度に向上したからである。これはネット回線を変えただけではなく、以前書いた無線LAN機器の変更も合わせての結果である。今までiTunesでダウンロードが失敗することが多かったのだが、この速度変更でそうした事はなくなった。やはりネットの速度というのは重要であることを実感した。

« 単身赴任の帰省事情:かぜをひいてしまっての帰省 | トップページ | 安全というのは、まずは外から見た安全から始まる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60889763

この記事へのトラックバック一覧です: ネットの速度の重要性:

« 単身赴任の帰省事情:かぜをひいてしまっての帰省 | トップページ | 安全というのは、まずは外から見た安全から始まる »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ