« SSL証明書無償配布:いろんな影響があるものだ | トップページ | 銀座の外国人観光客:インバウンド消費 ‏ »

2014年12月27日 (土)

STAP細胞:担当者の故意を見破れるか?

 「STAP」はES細胞が混入したもの…理研 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)ということで、結論が出たようだ。この混入が故意なのかどうかは不明ということである。
 仮に故意であった場合、上司はそれを見破ることが出来たのだろうか?
 私は、実験において、故意の改ざんをやったことは一度もない。それは、私が倫理的に正しい人間である、ということを意味するわけではない。単に、改ざんなどしても、再実験すればすぐに改ざんがばれてしまうからだ。実験をやっている人たちにとっては、これは当たり前のことであって、改ざんをしようという誘惑はあっても、ばれたときのことを考えるとそんなことはやらない、というのが普通だろう。
 上司もその常識が染みついているから、実験手順や環境、データの解釈なと、故意の改ざんでない部分は、疑ってかかる。が、根本的に、故意にES細胞を混入させた、という可能性は考慮しなかったに違いない。
 現場において、そんな故意の改ざんを本当に疑うことが正しい研究管理なのだろうか?少なくとも私は、部下がそんな卑劣な人間だと疑うことはやりたくはない、

« SSL証明書無償配布:いろんな影響があるものだ | トップページ | 銀座の外国人観光客:インバウンド消費 ‏ »

ニュース」カテゴリの記事

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60872106

この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞:担当者の故意を見破れるか?:

« SSL証明書無償配布:いろんな影響があるものだ | トップページ | 銀座の外国人観光客:インバウンド消費 ‏ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ