« 日経エレクトロニクスが隔週刊から月刊へ移行 | トップページ | 「1つの分野に絞ったほうが専門性を高められる」は間違い:日経ビジネスの記事より »

2015年1月23日 (金)

日経エレクトロニクス2月号のCESのまとめ-主役はハードベンチャー クルマは もはや電子部品

 日経エレクトロニクス2月号(前回書いたが、日経エレクトロニクスは月刊になった)に、CESに関して速報として2ページの記事が掲載されていた。その題名が、「主役はハードベンチャー クルマはもはや電子部品」である。
 大手家電メーカーが、液晶TVの大型化を競った数年前のCESとは大違いである。もはや、展示の主役が、大手家電メーカーからベンチャー企業、それもソフトではなくハードウエアを提案するベンチャーになっているというのが、今までエレクトロニクス業界を見てきた日経エレクトロニクス誌の総括である。技術にせよ、新しい製品のコンセプトにせよ、大企業ではなくベンチャーから発信される時代なのである。
 もう一つの主役が、クルマだ。今回のCESには自動車メーカーも出展していたようだが、自動運転など自動車の機能を実現する構成要素がメカからエレクトロニクスへ移行してきているということだろう。
 確実に言えることは、もはやTVが家電の主役ではなくなっていること、その家電に代わる主役が1つのカテゴリーでは代表できなくなってしまったこと、である。スマホは、主役ではあるが、家電の主役かというとそうではない。
 そういう意味では、家電という枠組みが既に崩壊しているのかもしれない。

« 日経エレクトロニクスが隔週刊から月刊へ移行 | トップページ | 「1つの分野に絞ったほうが専門性を高められる」は間違い:日経ビジネスの記事より »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61015132

この記事へのトラックバック一覧です: 日経エレクトロニクス2月号のCESのまとめ-主役はハードベンチャー クルマは もはや電子部品:

« 日経エレクトロニクスが隔週刊から月刊へ移行 | トップページ | 「1つの分野に絞ったほうが専門性を高められる」は間違い:日経ビジネスの記事より »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ