« CES2015のまとめ記事が出てきた:やはりキーワードはIoT | トップページ | シャープの業績不調:再建の柱が液晶だったとは・・・ »

2015年1月20日 (火)

BoT(Botnet of Things:モノのボットネット):IoTの影の側面

 前回、CES2015のまとめで、IoTがキーワードであるという話を書いたが、今回は、IoT時代の影の側面である。
 2015年のセキュリティ、11の予測(後) - 2015年のセキュリティ、11の予測:CIO Magazineという記事を読んでいたら、いやな言葉に遭遇した。BoT(Botnet of Things:モノのボットネット)という言葉である。確かに、ネットに接続されて、ソフトウエアで動くモノであれば、ボット化されてしまう可能性がある。IoT時代というのは、いろいろなものがネットに接続される時代であるが、ネットに接続される部分には、全てがハードウエアで作られている場合(そんな例はほとんどないと思うが)以外は、全てソフトウエアで動く。世の中に脆弱性のないソフトウエアが存在しないと考えると、ネットに接続されるものは、全てボット化される可能性がある。
 しかも、IoT時代にモノをネットに接続するための手段である組み込みCPUは、コアはARMコアに集約されてきているので、ボット化のための手段が開発されたとたんに、あっという間に感染する可能性もある。
 PCに比べ、組み込みCPUは脆弱性対策がまだまだ不足している。そもそも組み込み業界に、脆弱性対策の技術者が少ない。IoTというブームに浮かれているだけではだめである。

« CES2015のまとめ記事が出てきた:やはりキーワードはIoT | トップページ | シャープの業績不調:再建の柱が液晶だったとは・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61005261

この記事へのトラックバック一覧です: BoT(Botnet of Things:モノのボットネット):IoTの影の側面:

« CES2015のまとめ記事が出てきた:やはりキーワードはIoT | トップページ | シャープの業績不調:再建の柱が液晶だったとは・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ