« パーソナルコンピューティングの30年より:日本発OS「TRON」 その挑戦と挫折(1988年) | トップページ | パーソナルコンピューティングの30年より:知識をたどる仕組みwwwが起こした変革(1990年) »

2015年1月 2日 (金)

パーソナルコンピューティングの30年より:元祖ノートパソコン東芝DynaBookの成功(1989年)

 前回に引き続きパーソナルコンピューティングの30年という本の記事を基に、思い出したことについて少し書いてみたい。
 東芝のDynaBookという名前のノートパソコンが登場したときには、少しびっくりした。アラン・ケイのダイナブック構想というのは、コンピュータ関係の技術者で知らないものはいないのではないか、というくらい有名だったからだ。あの有名なダイナブックという名前を商標にするというのは、少し僭越だ、思ったのである。
 DynaBookは、A4サイズで重さ2.7kgというギリギリ持ち運べる重さのパソコンで、価格が20万円以下で入手できるというのは画期的なことであった。とはいえ、私自身はDynaBookを使った記憶はない。たぶん、その後で発売されたNECのノートパソコンを使ったのだと思う。PCにおけるNECの影響がまだまだ大きかった時代である。

« パーソナルコンピューティングの30年より:日本発OS「TRON」 その挑戦と挫折(1988年) | トップページ | パーソナルコンピューティングの30年より:知識をたどる仕組みwwwが起こした変革(1990年) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60908463

この記事へのトラックバック一覧です: パーソナルコンピューティングの30年より:元祖ノートパソコン東芝DynaBookの成功(1989年):

« パーソナルコンピューティングの30年より:日本発OS「TRON」 その挑戦と挫折(1988年) | トップページ | パーソナルコンピューティングの30年より:知識をたどる仕組みwwwが起こした変革(1990年) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ