« BoT(Botnet of Things:モノのボットネット):IoTの影の側面 | トップページ | 日経エレクトロニクスが隔週刊から月刊へ移行 »

2015年1月21日 (水)

シャープの業績不調:再建の柱が液晶だったとは・・・

 シャープ「再建の柱」失速、業績予想引き下げへ : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)というニュースを読んで少しびっくりしたのが、シャープ経営再建の柱としてきた液晶事業の不調が原因ということである。シャープって、液晶事業で経営不振に陥ったのではなかったのか?なのに経営再建の柱が液晶事業というのは、素人にはわかりにくいロジックだ。
 もちろん、液晶といってもTV向けではなく、スマホ向けの高精細なパネルなどで儲けるという心づもりだったようだが、でも液晶には違いない。TVと違って、スマホなどでは技術の優位性が発揮できる領域と思っていたのだろうか?
 パナソニックが、素人から見たら既に勝敗のついていたプラズマに賭けて、大きな設備投資をして赤字になってしまったことを思い出した。あのときも、技術的にはプラズマの方が液晶より上で、コストさえ下がれば液晶に勝てるという判断ミスをして、コストを下げるために生産能力を上げるということで、経営不振に陥った。その時、シャープは勝者側にいたのだが、結局は、シャープも、あの時のパナソニックと同じ轍を踏んでいる気がする。

« BoT(Botnet of Things:モノのボットネット):IoTの影の側面 | トップページ | 日経エレクトロニクスが隔週刊から月刊へ移行 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61005387

この記事へのトラックバック一覧です: シャープの業績不調:再建の柱が液晶だったとは・・・:

« BoT(Botnet of Things:モノのボットネット):IoTの影の側面 | トップページ | 日経エレクトロニクスが隔週刊から月刊へ移行 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ