« MOT(技術経営)を学ぶには技術と経営のどちらが先か?:日経テクノロジー Onlineの記事より | トップページ | 単身赴任者の長期休暇明け:なんだか生活習慣を忘れている »

2015年1月 9日 (金)

海外の事故のニュースで「日本人の乗客はいません」という報道はグローバル化 に反するのか?

 海外の事故のニュースでがあると、日本のメディアは必ず「日本人の乗客はいません」という報道をする。これに対しあるメルマガで、日本が真のグローバル国家になるには、こういう風潮はなくすべき、ということを書いていた。
 本当にそうなのだろうか?こういう報道とグローバル化は相反するのだろうか?
 私は、グローバル化しても、やはり日本人であることには違いない以上、日本の報道機関が「日本人の乗客はいません」という報道をするのは当たり前だと思う。同じ事故でも、家族が巻き込まれている事故は、どんなに小さくても大事故である。友人や会社の同僚でもそうだ。海外の事故でも、日本人が巻き込まれた事故は、日本の報道機関にとっては、日本人が巻き込まれない事故よりも大きく扱われるだろう。それは、グローバル化とは全く異なる次元だと思う。

« MOT(技術経営)を学ぶには技術と経営のどちらが先か?:日経テクノロジー Onlineの記事より | トップページ | 単身赴任者の長期休暇明け:なんだか生活習慣を忘れている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/60943213

この記事へのトラックバック一覧です: 海外の事故のニュースで「日本人の乗客はいません」という報道はグローバル化 に反するのか?:

« MOT(技術経営)を学ぶには技術と経営のどちらが先か?:日経テクノロジー Onlineの記事より | トップページ | 単身赴任者の長期休暇明け:なんだか生活習慣を忘れている »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ