« 個人の業績評価を点数で評価する仕組みは会社を活性化するのだろうか:平凡な人材しか評価されない評価法 | トップページ | トランジスタ技術4月号の特集は「新三種の神器! USBオシロ/スペアナ/ネットアナ」:個人でも手の届く範囲の計測器 »

2015年3月11日 (水)

私の勤務する会社でも翻訳サイトへの接続は禁止:英語なら翻訳サイトなしでも可能だが、その他の言語だと困る

  翻訳サイトからの情報漏えいについて、西本逸郎のIT社会サバイバル術 - 翻訳サイト経由で情報漏洩、「利用禁止」だけでは解決しない:ITproを読んで、その怖さがよくわかった。私の勤務している会社でも、翻訳サイトへの接続が一時遮断されていた。今では接続が復活しているが、あくまで、単語だけで、文章の翻訳は不可という扱いになっている。
 まあ、その文書が英語なら、翻訳サイトに頼らなくても何とかなる。だが、それ以外の言語となるとお手上げである。もちろん、翻訳業者に頼むという手もある。正式の文書なら、今でもそうしている。しかし、ちょっとした内容なら、手軽に、翻訳サイトで中身を確認したいということはあるだろう。
 同じような話は、クラウドサービスもそうだ。基本的には、禁止になっている。せっかく便利な時代になっても、業務では使えないことが多い。

« 個人の業績評価を点数で評価する仕組みは会社を活性化するのだろうか:平凡な人材しか評価されない評価法 | トップページ | トランジスタ技術4月号の特集は「新三種の神器! USBオシロ/スペアナ/ネットアナ」:個人でも手の届く範囲の計測器 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61265928

この記事へのトラックバック一覧です: 私の勤務する会社でも翻訳サイトへの接続は禁止:英語なら翻訳サイトなしでも可能だが、その他の言語だと困る:

« 個人の業績評価を点数で評価する仕組みは会社を活性化するのだろうか:平凡な人材しか評価されない評価法 | トップページ | トランジスタ技術4月号の特集は「新三種の神器! USBオシロ/スペアナ/ネットアナ」:個人でも手の届く範囲の計測器 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ